レイクは増額方法が豊富なだけじゃない!

新生銀行のレイク、そのメリットはと言えばさまざまなものが挙がるでしょう。
レイクやアコム、オリックス銀行増額方法が豊富にある、ATM利用手数料が無料、金利が明確、銀行系消費者金融。

利用者の多くがレイクのメリットを次々にあげることができるはずです。
しかし、ここでメリットとして取り上げたいのは「返済シュミレーション」です。
レイクの返済シュミレーションは他社のそれとは全く違います。
これほど便利に活用することができる性能のものはほかにはないでしょう。
返済プランを立てやすくなっており、金融業界が嫌う「金利と返済期間と返済額の仕組み」を事細かに理解することができるもの。
それほどに明確にするこの返済シュミレーションは必ず利用しておきたいものです。

例えばこんな使い方です。

返済プランの詳細にはこのような画面が出てきます。
・ご利用可能額
・ご返済回数
・毎月のご返済額
・○回めからの毎月のご返済額
そしてグラフで分かりやすく返済回数と利用残高における返済後残高が出てきます。

なによりも使いたいのは現在表示されているそのプランを金額や回数を上げたり下げたりが自由だということ。
例えば50万円の借り入れを金利18.0%で行うとしましょう。
この時には毎月の返済額が12,000円で返済回数が66回となります。
これでは返済回数が長すぎると思ったときには「返済回数をダウンする」を押していきましょう。
それに伴って毎月の返済額も変わってくる様子が見えてきます。

Comments off

三宮のアコムは5店舗、限度額ってなに?

限度額には二種類あります。
アコムの限度額は500万円と高額になっていますが、この限度額が自分の限度額になるわけではありません。

一つめの限度額500万円ですがこれはアコムが最大限貸付でき得るとしている金額になります。
逆に考えるとアコムではどれほどの収入があったとしてもどんな事情があったとしても500万円以上の貸し付けはできないということです。
もう一つの限度額は個人に対して決められる限度額です。
これは消費者金融であるアコムになりますので貸金業法の総量規制にのっとった限度額になりますので自分が想像していたよりも低い限度額になる可能性はあります。

総量規制の限度額について説明しましょう。
年収の3分の1、これが個人が消費者金融から最大限借り入れをすることができる上限となります。
アコムからだけではありません。
他社の消費者金融も合わせての金額となります。
年収が300万円であれば100万円が総量規制で決められた最大限の限度額です。
プロミスから40万円、アイフルから40万円の借り入れがあればどう頑張ったとしてもアコムでは20万円が限度、ということになります。

三宮には多くの消費者金融があります。
そうなるとどこからでも借り入れをすることができると言いたいところですがしっかりと比較しなくてはなりません。
三宮にある4店舗のアコムむじんくんがあります。
そして相談もできる店頭窓口もあります。
しっかりと考えて選ぶようにしましょう。

Comments off

借金地獄から抜け出すために

借金地獄にはまってしまった、抜け出すことができないと追い詰められている人もたくさんいます。借金は自分のまわりの人に相談することが難しいものですから、返済できなくなってしまったり、借りすぎたりしてしまうとそのままずるずると悪循環にはまってしまうのです。

返済を自分でどれほどがんばっても、どうにもできないということに気付いたときは、一刻も早く専門家に相談するようにしましょう。返済できなくなってしまってからも、自分で何とかできるかもしれないとまた他での借り入れをすることで、借金地獄にはまってしまうのです。

収入に応じた借り入れでないときは、債務整理などを行わなければならない可能性も高くなります。収入の多くをひたすら返済に充てる生活というのは、それほど長く続けることができるものではありません。自分が返せる適正な範囲ということを、きちんと理解しておかなければならないのです。債務整理をすることで、その履歴は残ってしまいますが、確実に完済することができるようになります。これも専門家に相談したほうがよいでしょう。

自分でどうにかなる範囲というのも、自分では分からないこともあります。一番よくないのは、消費者金融のアコムやレイク、プロミスなど複数会社から借りている状況なのに借金地獄にはまっていることに気付かないことです。まだ返済していけるはずだ、まだがんばれるはずだ、と考えて誰にもいうことができずひたすら返済を続けるということをしている人もいます。誰かに打ち明けるのが難しいのであれば、返済の資料などをそろえて公的な機関に相談にいくほうがよいでしょう。

Comments off

ローンシュミレーションをするときに

ローンシュミレーションは、銀行やローン会社などのウェブサイトで気軽にできるようになっています。いくらぐらい借りればどれぐらいの期間、毎月いくらぐらいずつ払っていくのかといったシュミレーションや、毎月いくらぐらいずつ返済するのであればいくらまで借り入れすることができるのか、といったようなシュミレーションをすることができます。

借り入れの前には、シュミレーションをすることが必須ですが、金額を漠然ととらえるのではなく、自分の収入と比較した返済金額をきちんとイメージしておきましょう。実際にその金額を毎月のお給料から引いたら、いくら残るのか、そして残りで生活費などはきちんとまかなえるのかといったところまで具体的に考えておくのです。また、キャッシングの審査基準をしっかりと押さえてえておくことです。

なんとなく月に3万円ぐらいなら返せるかな、といった認識で返済をスタートしてしまうと、いざ必ずその金額を収入から実際に返済していくととても家計がまわらないということになってしまう可能性もでてきます。借り入れは使う目的に応じてというだけでなく、必ず収入とのバランスもきちんと考えなければなりません。

ローンの返済は長期に渡ることが多いものです。しっかりシュミレーションすることが、確実な返済を可能にするのです。返済ができなくなってしまうと、ブラックリストに載ることになってしまいます。一度ブラックリストに載った延滞などの履歴は5年、悪質であればもっと長期の期間掲載されたままであるといわれています。そのままでは、他の借り入れなども全くできない状態ということになるのです。

Comments off

銀行借入の金利はどのようにして決まる?

事業主の方が銀行で借り入れするときの金利は、

信用格付で決定されると言われています。

 

信用格付けとは、信用度を数値化するものです。

信用格付のランクが高ければ金利が低くなり、反対にランクが低ければ金利は高くなっていきます。

 

信用度を数値化するというのは、

借り入れを申し込む側にしてみればどういったことをするのだろうかと、

大変不安になってしまうものです。

 

しかし、基本的には法人であれば決算書、

個人事業主であれば確定申告書の数字で判定されるものと考えておけばよいでしょう。

つまり、銀行で借り入れしたければ、当然のことながら会社の収支が最重要事項であることは間違いありません。

 

ただし、それだけで借り入れの可否が決まってしまうわけではなく、

現在の経営状態など良い点や悪い点も加味されることになります。

 

銀行では、大きく分けて正常な貸付先、要注意な貸付先、

破綻懸念、実質破綻、破綻と分類していき、正常な貸付先を何段階かにわけて金利を決定します。

 

信用格付けも高く銀行との取引実績があれば、

高い格付となり、新規の取引や信用格付けが低ければ低い格付となって金利が上がっていきます。

 

この格付の基準は銀行によってもそれぞれ違うことが多く、

もちろん明らかになっていません。

 

○%で借り入れできたから、自分の会社や事業は銀行に信用されているのだ、

といった基準をはっきり知ることはまずできません。

 

また、保証協会や保証会社などから保証付きで借り入れすると、

必ず信用保証料が必要になります。その分は利息に別途上乗せされることがほとんどです。

アイフル 利子も参考になるので、チェックしてると良いでしょう。

Comments off